temiteのショップ「全国ご当地おすすめグッズ」はこちら

【日記】旅先で交通機関が麻痺したときの話

旅行 地震 麻痺 旅行

2018年6月18日7時58分
大阪北部地震が起きました。
大阪府北部を震源とし、マグニチュードは6.1。
最大震度6弱を大阪市北区等で観測しました。
朝の通勤通学時間帯に起きた地震でしたので、たくさんの人々に影響を与えました。

この日は月曜日。
私たち家族は沖縄から奈良へ引っ越すため、物件を決めて沖縄へ帰る日でした。
14時伊丹空港、那覇発の便。
朝、主人は職場に寄って、昼頃空港で集合する予定でしたが、主人は疲れていたのか職場には寄らず一緒に空港へ行くことになりました。
ホテルで朝食中、いきなり地震発生。
実はこのとき、私はバイキングでおかずを取りに歩き回っていたので最初は揺れに気づかなかったのですが、遠くからガラスの割れた音が聞こえ、女性の叫び声が聞こえたので何かあったのかと思いました。

朝食を終え、地震が起きてすぐは情報収集だと思い部屋のテレビを見ていましたが、全てが東京のワイドショーだったのであまり役に立たず…。
とにかく情報を得たくて知人に電話。
どうやら電話やバスは止まっているらしいとのことでした。
伊丹空港かー、関西に親戚がいれば乗せていってもらう方法があるんだけどなぁ。
とも話してくれました。

↑その時の位置。左が伊丹空港、右が宿泊した奈良市内のホテル

とりあえずチェックアウトをして、近鉄奈良駅へ。
電車、バスが本当に動いていないことを自分の目で確認しました。

時刻は9:30過ぎでした。
どうしようかと悩んでいたときふと思ったのが、乗り捨てのレンタカーならどうにかなるかも!ということでした。
そして近鉄奈良駅周辺のレンタカー屋に走り、3,4軒目のレンタカー屋で伊丹空港付近の営業所で乗り捨てのレンタカーを借りました。
もちろんチャイルドシートは付いています。

そして車で移動開始。
奈良県にいるときは渋滞していて間に合うか心配でしたが、淀川手前付近から車がすいすい動きはじめました。
13:00頃伊丹空港営業所に到着。
伊丹空港ではたくさんの人が並んでいました。
TVで見た割れている窓も見つけました。
タクシー乗り場を見ていないので陸の孤島感は分かりませんでしたが。

保安検査所も無事通過。
そのときお腹が空いたのでカツカレーを注文しましたがカツは無いと言われたので普通のカレー。
でも私達の注文でカレーかご飯が無くなったらしく、次に注文しようとした人は食べられなかった状況でした。

飛行機乗機。
1時間30分以上の遅れだったと思います。
主人は周りも赤ちゃんが乗るみたいだったので1番後ろの席を指定しましたが…ガラガラ。
皆空港に到着できなかったと思われます。
私達は飛行機に乗れて無事に沖縄まで帰ることができたのでとてもラッキーでした。

当日の記録は以上です。
今回ラッキーだったのは主人が職場に行かず行動を共にしたことと、知人との会話です。
私は免許を持ってないので一人だったら奈良駅で途方に暮れていたと思います。
タクシーで奈良駅→伊丹空港に向かうこともできましたが、金銭的なこと最初に考えてしまうと思い、主人がいなかったらその決断が出てたのかとも思いました。

めったに無いことですが、もし何かあったらご参考にしてくださると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました